アイシャドウの使い方

 アイシャドウの基本的な使い方を紹介します。

アイシャドウをチップに取ります。
自分の手の甲の部分に、チップをポンポンとのせます。これは、アイシャドウの基本になります。
アイシャドウが目につきすぎるのを防ぐ効果があります。
何色でも(濃い色でも薄い色でも)必ずやりましょう。
ティッシュなどでもいいのですが、アイシャドウがチップから取れすぎたりする事もあるので、
手の甲の方が馴染みやすいです。

・薄めの色を塗る場合
目をつぶって、目の際からくぼみ部分全体にアイシャドウを伸ばします。
目の際に沿って左右にワイパーのように動かしながら、くぼみに向かって上へ動かします。

・濃いめの色を塗る場合
目をつぶって、目の際の部分のみアイシャドウを伸ばします。
(まつ毛の生え際の少し上の部分です)
左右に動かし、チップの色が付かなくなったなと思ったら少しだけ上に向かってぼかします。
その際、目のくぼみまではぼかさないようにしてください。(濃い目の色は目の淵まで)

この方法でぼかすと、目の際が一番濃くなり、
上に向かってグラデーションになるはずです。

 

スポンサーリンク



9.ビューラー(アイラッシュカーラー)の使い方

アイメイクのやり方

アイメイクの前にやっておきたい事

アイメイク基本編 初心者向け

応用編 アイシャドウ

応用編 アイライン

応用編 マスカラ

一重・奥二重のアイメイクポイント

上級編

色の印象を利用し季節を感じるメイクを

まつ毛を長くするアイテム紹介

アイメイクが完成したら

アイメイクの落とし方

アイメイクが完成したら