コンシーラー使いでクマを消そう

 目の下にクマがあっては、アイメイクも台無しです。
アイメイクをする前にコンシーラーでクマやシミを隠しましょう。

コンシーラーにもたくさんの種類があります。
ステックになっている物、チップで乗せる物、先が筆になっている物と様々です。
色も色々ありますが店頭サンプルなどで、自分に合った色味の物を選びましょう。

クマタイプは2種類あります。

『茶クマ』
紫外線などの色素沈着が原因です。
コンシーラーの色はイエロー系がお勧めです。

『青クマ』(グレーのクマも同様)
毛細血管のうっ血が原因で、冷えなどで血流が悪くなり、目元の薄い皮膚を通して透けて見えている状態です。
コンシーラーの色はオレンジ系がお勧めです。

コンシーラーの種類によりますが、大体の物は叩き込むようにして使います。
量は多くなりすぎるとよれの原因になるので、少ないぐらいを目安にします。
3カ所ぐらいにのせたら、ポンポンと叩きこむようにして使います。
その後、パウダー(フェイスパウダーやルーセントパウダー)を軽くはたきます。

目尻の切れ込みの部分も、くすんでる事が多いので、コンシーラーでカバーしましょう。
他にも、気になるシミなどはコンシーラーでカバーしておきましょう。
その場合も同様にパウダーをはたいておきます。

 

スポンサーリンク



8.アイシャドウの使い方

アイメイクのやり方

アイメイクの前にやっておきたい事

アイメイク基本編 初心者向け

応用編 アイシャドウ

応用編 アイライン

応用編 マスカラ

一重・奥二重のアイメイクポイント

上級編

色の印象を利用し季節を感じるメイクを

まつ毛を長くするアイテム紹介

アイメイクが完成したら

アイメイクの落とし方

アイメイクが完成したら